失敗しない太陽光発電投資を行うコツとは?

■太陽光発電投資はなぜ人気?メリットを解説

太陽光発電投資が非常に人気を高めている理由にはいくつかあります。

・家庭で発電した電気が使える
太陽光発電投資は投資以前に、発電システムを用いて作られた電気を家庭などで使うことができ、生活を支えてくれます。
直接使えるのではなく、発電した分は送電線により一度電力会社に送られますが、送電した分の電気を使っても電気料が発生しないので、家計の節約に有効です。
そんな素晴らしいメリットを持つ太陽光発電では、蓄電池を設置することでさらに役立つものへと変化します。
蓄電池があればたくさん発電したにも関わらず使い切れなかった分の電力を溜めておくことができます。
また、災害時や緊急時になどの非常用電力として使用できるので、万が一の時に備えにも便利です。
他にも、発電装置に何か異変があり、上手く発電できなかった場合にも役立ってきます。
太陽光発電は太陽光のパワーを使い、電力を生み出していくため天気の良い日であると非常に発電効率が良くなります。
一方で、天気が優れない日であると発電効率が下がるため、雨や曇り、雪の日が多くなるとたくさんの電力が作れなくなります。
上手く発電できない日があっても、たくさん発電できた日の分を溜めておけるので、特に発電効率が悪いとされている冬場でも、電力の節約を実現できます。
蓄電池は太陽光発電を行うにあたって、必須なものではありませんが、設置することで生活を大きく支えてくれるものであることを覚えておくと良いでしょう。

・投資ができる
太陽光発電投資のメリットの中でも注目を浴びているのは、投資ができるという点です。
先ほど紹介した内容のように、発電した電力は家庭で使用することができるようになっていますが、家庭では使いきれなかったという電力も多く出てきます。
そんな余ってしまった電力を売電することによって発電装置を設置した費用以上のリターンがくるため、投資として成り立っているのです。
太陽光発電投資は他の投資よりも優れた収益性を誇ると評判です。
例えば国内でも人気の高い株式投資と比較すると、株式投資ではリターンとして戻ってくる割合が4%から9%なのに対し、太陽光発電投資では、7%~11%にもなっています。
また、運用のしやすさという点においては太陽光発電が群を抜いています。
株式では市場が変わりやすく、取引するタイミングによっては上手く儲けからないばかりか、大きな損失を抱えてしまう可能性があるでしょう。
太陽光発電ではそのような頻繁的な市場変化がないため安定した運用を実現しています。
固定価格買取制度(FIT)というものがあり、太陽光発電投資は売電契約を結んでから10年~20年間は売電価格を保証してくれるので安心です。
売電価格は契約年数によって下がることがないため、元が取れた先も安定した収益が得られるようになっています。

■年々売電価格が下がっている!?太陽光発電投資は本当に儲かるの?

固定価格買取制度(FIT)によって売電価格は保証されていますが、現在の契約ではFITが始めて開始された2009年の半分の価格でしか売電ができないようになっています。
また、2020年にはFIT制度がなくなってしまうと囁かれています。
そうなってしまっては太陽光発電のメリットがないと感じてしまうはずです。
しかしながら、太陽光発電投資は、初期投資にかかる費用が年々減少傾向にあります。
発電システムの販売価格や設置費用に関しても安くなってきており、初期投資費用はFITが始まった頃に比べると半分くらいになっています。
売電価格は半額になってしまいましたが、初期投資も半額になるので結果的に相殺し合い、10年前とも変わらない収益が得られます。

■なぜ失敗する人がいるの?

太陽光発電では知識がなかった人が失敗してしまうと言われています。
具体的に言うと、最初の見出しでも取り上げたように蓄電池を設置しなかったことや運用地に適した発電設備を使わなかったなど、様々な知識不足により収益性を下げてしまっているのです。
また、太陽光発電では何もしなくても勝手に利益が舞い込んでくると思っている人も多いため、失敗する人もいます。
太陽光発電に使われる装置は高額であっても、いずれは劣化していく消耗品です。
定期的にメンテナンスを行わなくては導入当時と同じ収益性には結びつかなくなっています。
特に大きな被害をもたらすような台風や地震に直面してしまうと、発電効率を下げてしまうような被害を受けている場合が考えられます。
そんな時のためにも、発電装置を設置する場合には保証に入ることもおすすめしています。
保証期間内であれば無料や格安で修理が行われ、経年劣化によって悪くなっていた部分も無償で取り替えてもらうことができるでしょう。
失敗した人の中には災害によって影響を受けた被害をそのままにしていたり、保証に入らなかったが故にランニングコストがかかったりすると収益性を悪くしています。
導入するからにはきちんとした知識を身に付けていきましょう。
設置をお願いする業者に詳しく聞いてみると、メーカーごとに違う装置の特徴を知りながら、上手な運用方法を教えてもらえます。

■太陽光発電投資を行っている人の評判は?

太陽光発電投資はたくさんの人がやっている投資であるだけに、ネット上には多くの人が評判を残しています。
ここからは、導入した人の口コミをいくつか取り上げていきましょう。

“株式投資とは違い、毎月ある程度一定した金額が振り込まれました。1年目はシュミレーションに近い金額の収入があり、予定通りの利回り10%超えでした。その後、年金暮らしの母にも勧め、母も毎月20万円近い収入を得ています。太陽光発電を購入して5年になりますが、収入の少ない月もありますが多い月もあるので、年間を通してみると5年間ほぼ同じくらいの収入となっています。5年間の間に1度配線ケーブルの盗難に遭いましたが、保険で対応して頂きました。太陽光設備への投資は、保険やメンテナンスさえきちんと備えておけば安心できる投資だと思います。”
引用元:http://www.tsp-cg.com/rimawari10/voice

こちらの方は以前株式投資を経験した投資家なようです。
株式と比較して収益性は株式以上のものとなり、満足しています。
運用中にケーブルの盗難被害に合うもしっかりと保険に入っていたため、利益を落とすことなく安定して継続できています。

“地理的に晴天の率が比較的高い地域で、南向きの片屋根にして、屋根の傾斜も35度前後・・・太陽光発電で儲けるために、家のデザインも自分の好みもすべて諦めて、目いっぱい発電できる工夫をして、築十数年で元がとれて、それ以降は収支プラスってとこでしょう。普通の家なら、うまく行って初期投資回収に20年程度、その後は月々数千円~(多くて)1万円程度の黒字。はっきり行って、飲みに行くのを月1回我慢するか、タバコを吸ってる方なら禁煙するほうが経済効果は高いと思います。”
引用元:https://realestate.yahoo.co.jp/knowledge/chiebukuro/detail/1365905628/

こちらの方は太陽光発電で稼ぐよりも、嗜好品を我慢した方が節約につながると述べています。

確かにちょっとしたことでコツコツと貯めることがいずれは大きな資産にはなりますが、太陽光発電では節約にも気を使える投資となっています。
電力を消費しない分だけ資金として戻ってくるわけなので、電力の節約志向にもつながってくるのです。

このように運用してよかったと答えている人もいれば、そうでもない人もいます。
ただ、太陽光発電入は多くの人が悪いという以上に知られていない様々な魅力が隠されています。
正しい知識があるかどうかで、運用利益は大きく変わってくることを覚えておきましょう。

■最近話題のRSアセットマネジメントとは?

RSアセットマネジメントは様々な再生可能性エネルギーを事業に携わっている会社です。
中でも太陽光発電に特化しており、一般家庭にも導入を行っていて、最近では有力候補な会社として知られてきています。
話題になっている理由には設立から数年しか経っていないにも関わらず多くの実績を残してきたことにあります。
導入件数は年々伸びてきており、太陽光発電会社においては高い地位を獲得してきました。
RSアセットマネジメントの特徴としては徹底的なサポートを行っていることが挙げられます。
用地交渉や設備の詳しい説明、設置工事、運用後の管理・メンテナンスなどありとあらゆることをサポートしてくれています。
これらのたくさんのサービスがRSアセットマネジメントを人気の高いものにしており、多くの人から注目を集めています。
これからも顧客の利益を追求していき、技術を結晶させることによって素晴らしい収益性を実現していくことでしょう。

太陽光発電投資は高い収益性により、多くの人が始めてみたいと考えている投資です。
中には失敗に終わってしまうという人もいますが、保険にしっかりと入ったり、設備を整えておいたり、メンテナンスを行なったりと注意を払えば安定した利益を獲得できるようになっています。
RSアセットマネジメントでは、一人ひとりに見合ったサービスを提供し収益性を高めてくれるようになっているので、活用してみてはいかがでしょうか?