平文俊全氏とは?ノーバル・ホールディングスについてもご紹介!

平文俊全氏は、ノーバル・ホールディングスの代表取締役を務めている人物です。
ノーバル・ホールディングスでは、合同会社ノーバル・テクノロジー、合同会社ノーバル・ソーラー、合同会社ノーバル・ウインドと提携し、
エネルギー関連の事業を行っています。
これまでに多くの実績を残している会社ではありますが、その名を知っている人は実はそこまで多くありません。
そのため、どのような会社なのか信頼できるのか平文俊全氏はどのような人物なのかイマイチよく分からないという人も多いでしょう。

そこで今回は、ノーバル・ホールディングスの会社概要やこれまでに残してきた実績、
平文俊全氏はどのような人物について、反対運動に対するノーバル・ホールディングスの対応といった点について解説していきます。

ノーバル・ホールディングスの会社概要について

まずは、ノーバル・ホールディングスやその子会社の会社概要からみていきましょう。

株式会社ノーバル・ホールディングス

・資本金
5,000万円

・事業の目的
純粋持株会社として子会社(合同会社ノーバル・テクノロジー、合同会社ノーバル・ソーラー、合同会社ノーバル・ウインド)の管理を担当する

・代表取締役(共同代表)
平文俊全氏、平文暉朗氏

合同会社ノーバル・テクノロジー

・資本金
3,000万円

・事業の目的
エネルギー事業の企画・開発・管理、機器と資材の調達・販売、不動産取引、発電設備などの設計

・職務執行者
平文俊全氏

合同会社ノーバル・ソーラー

・資本金
1,000万円

・事業の目的
太陽光発電設備の保有

・職務執行者
平文俊全氏

合同会社ノーバル・ウインド

・資本金
1,000万円

・事業の目的
風力発電設備の保有

・職務執行者
平文俊全氏

株式会社ノーバル・ホールディングスを筆頭としたノーバルグループは、再生可能エネルギーの普及を目的とした事業を展開しています。
社内だけではなく社外の専門家からも支援を受けることによって、
開発から運営までノンストップで取り組めるような仕組みを構築することに成功している会社でもあります。
他社が発電所を建設する際のサポート業務も行っているので、多岐に渡る業務を手掛けていると言えるでしょう。

ノーバル・ホールディングスが残してきた実績などをご紹介!

続いては、これまでにノーバル・ホールディングスが残してきた実績などについてみていきましょう。

ノーバル・ホールディングスの実績

これまでにノーバル・ホールディングスは、多くの再生可能エネルギーを次活用した発電設備を手掛けてきました。

・茨城県
NOVAL SOLAR 1
NOVAL SOLAR 2
NOVAL SOLAR 3
NOVAL SOLAR 9
NOVAL SOLAR 10
NOVAL SOLAR 12 など

・千葉県
NOVAL SOLAR 4
NOVAL SOLAR 5
NOVAL SOLAR 13

・栃木県
NOVAL SOLAR 6
NOVAL SOLAR 8
NOVAL SOLAR 7

・福岡県
NOVAL SOLAR 福岡

・鹿児島県
NOVAL SOLAR 霧島

・熊本県
NOVAL SOLAR 熊本

茨城県を中心に、多くの実績があることが分かります。

ノーバル・ホールディングスが行っている発電所設置のフロー

続いては、ノーバル・ホールディングスがどのような発電所設置のフローを採用しているのかみていきましょう。

①用地の取得
まずは、土地の所有権に関する調査を行い、その土地の持ち主と交渉します。
そして、ノーバル・ホールディングスが投資の上限額を提示し、持ち主が希望する売却価格とすり合わせていくのです。
しかし、どこでも再生可能エネルギー発電ができるわけではないため、交渉までの間に様々な調査は行われます。
そのため、用地取得にはかなりの時間を要することもあるのです。

②行政に確認を取る
候補となる土地がある自治体ではどのような条例があるか確認しなければいけません。
確認のためには行政との連携も必要になります。
開発許可や転用許可なども取得する必要があります。

③設計する
土地の面積や地形などを考慮しながら設計することも重要なポイントの1つです。
電力会社や土木会社との協議により、手直しをすることもあります。

④系統連系協議を行って事業計画認定の取得する
電力会社と系統連系協議を行って事業計画認定の取得するのが次の段階になります。
定価格買取制度に基づいて売電単価が決定されるのもこのタイミングです。

⑤発注する
工事のスケジュールを策定したら、資材や人員の確保を行います。
輸送などにかかる時間を見越して考え、スケジュールを調整していきます。

⑥造成を開始する
周辺への環境や法律などを考慮し、土地の造成が開始されます、
工事にかかる期間は、地形によってかなり変わるので一概にどのくらいとは言い切ることができません。

⑦建設する
造成が終わったら、発電設備や外周のフェンス、警備システムを建設していきます。
1メガ~2メガの設備だと、2ヶ月半ほどで建設が終了します。

⑧完成
電力会社が有する送電網が連係されたら完成です。

平文俊全氏はどのような人物なのか

ノーバル・ホールディングスに依頼したいと思った時、その代表である平文俊全氏がどのような人物か気になるという人も中にはいるはずです。
続いては、平文俊全氏がどのような人物なのかみていきましょう。

平文俊全氏がどのような人物か、ネット上では情報を見つけることができませんでした。
共同代表を務めている平文暉朗氏についても同様です。

情報がないと本当に信頼できる人物か不安に感じてしまう人も中にはいるでしょう。
しかし、平文俊全氏が代表を務めているノーバル・ホールディングスはこれまでに多くの実績を残していることから、不安視する必要はないと考えることができます

反対運動に対するノーバル・ホールディングスの対応は?

福岡県飯塚市で行っている太陽光発電所建設計画に関する反対運動がありました。
それに対してノーバル・ホールディングスはどのような対応をしたのか、最後にみていくことにしましょう。

反対運動について

福岡県飯塚市で起こった反対運動は、森林がなくなることによって土砂災害が起こってしまうのではないか、
周辺の気温が50度くらいまで上がってしまうのではないか、発電所ができることで電波障害が発生するのではないかといった懸念から始まったものです。
根拠がないような言説を信じ、反対したという人が多く見受けられました。
飯塚市が仲裁に入らなかったことによって、泥沼化してしまったのではないかという見方をしている人もいます。

ノーバル・ホールディングスの対応

反対運動に対してノーバル・ホールディングスは、事実関係をしっかりと説明した文書を発信しています
法を遵守していることはもちろん、その文書の中では、建設予定地の地歴や開発に係る許認可の情報、進捗状況などについて言及されています。
さらに、周辺住民から寄せられた質問事項にもきちんと答えていることから、信頼に値する会社だと言えるのではないかと考えられるでしょう。
質問に対する回答の中で、気温の上昇や電磁波、土砂災害などについて答えています。

また、今回の建設地においては、発電所に伴う調整池を設置することで災害の被害を軽減することにもつながることが説明されています
ノーバル・ホールディングスの回答に目を通してみると、不安も払しょくできるはずです。

まとめ

株式会社ノーバル・ホールディングスは、合同会社ノーバル・テクノロジー、合同会社ノーバル・ソーラー、合同会社ノーバル・ウインド
という子会社の管理を行う中でエネルギー関連の事業を展開しています。
茨城県を中心に千葉県や栃木県などに太陽光発電設備を設置するという多くの実績を有している会社でもあります。

福岡県飯塚市における発電所建設では反対運動もありましたが、それに対しても適切な対応をとっていることから、行っている事業は確かなものだと言えるでしょう。
代表である平文俊全氏についても、いい加減な経営をしているわけではないということになるため、信頼できる人物だと考えられます。