晁 向陽(東立商事株式会社 代表取締役)のネット上の口コミを徹底調査!

晁 向陽氏は上海飯店と麗彩楼を手掛ける東立商事株式会社の代表取締役を務めています。

店舗は毎年ハイペースで拡大しており、これも晁 向陽氏の手腕によるものだと
考えられるでしょう。

しかし、晁 向陽氏がどのような人物なのか知らない方が多いはずです。
そこで今回は晁 向陽氏の経歴やネット上の口コミ評判を調査したのでご紹介しましょう。

■晁向陽氏の経歴と会社概要

晁向陽氏の経歴を調べてみましたが、公式では詳しいプロフィールや
メッセージなどは公開されていません。

東立商事株式会社の代表取締役であることは分かるので、
企業の経歴や事業内容をご紹介しましょう。

東立商事株式会社について

東立商事株式会社は平成17年1月に
有限会社東立商事という名で創業されました。
平成21年1月に神奈川県相模原市で麗彩楼矢部店を初出店します。

出店と合わせて東京事務所を設立し、翌年11月には小田原シティーモールにておかず工房第1号店をオープンしました。

さらに、平成22年1月には11店舗目となる麗彩楼小戸店オープンさせます。
その後、東立商事株式会社に社名を変えて、
平成25年に入ると21店舗の拡大にしていきました。

そして、ほぼ毎年10店舗程度お店の数を増やしており、
令和2年2月にで関東・九州・東北・大阪エリアに計81店舗までに増えました。

主な事業内容

晁 向陽氏が代表を務める東立商事の主な業務内容は
中華料理のテイクアウト専門店の運営です。

関東と九州を中心に「麗彩楼」と「上海飯店」というお店をオープンさせてきました。
店内では単品のオーダーまたはテイクアウトで料理を購入でき、
ランチタイムや夕飯のおかずを買う目的で訪れる顧客は多いです。

■中華料理テイクアウト専門店のこだわり

晁向陽氏は強いこだわりを持って麗彩楼と上海飯店を運営しています。 そのこだわりとは何かご紹介しましょう。

手作りにこだわり中華料理を提供

麗彩楼と上海飯店は、機械による大量調理ではなく1品ずつ手作りにこだわっています。
テイクアウト専門店は大量に製造する必要があるので、
作り置きか工場での大量生産が主流です。

しかし、麗彩楼と上海飯店では店舗ごとに料理人が在籍し、
毎日手作りで提供しています。

また、料理人は中国出身者であり、本場の料理を熟知しているので、
お手頃な価格で本格的な中華料理を食べることが可能です。

日本人好みにアレンジされている

海外の本格的な料理は口に合わないと不安に思う方も多いです。
ところが、麗彩楼と上海飯店の中華料理は日本人の口に合う味付けをされているので、
誰でも美味しく召し上がれます。
たくさんの人に中華料理を楽しんでほしいという
晁 向陽氏の思いによるこだわりなのでしょう。

色々な中華料理を味わえる

麗彩楼と上海飯店では様々な中華料理を用意しています。
家庭では調理が難しい、エビチリや青椒肉絲など定番の中華料理の購入が可能です。
主菜だけではなく、新鮮な野菜を使ったサラダや中華冷菜、
皮から手作りにこだわった餃子・肉まん・シュウマイといった飲茶など
幅広いメニューを用意しています。

この他にも人気のにら玉や黒酢、アボカドの生春巻きなどのメニューがあり、
定期的に新メニューも出ているので、ラインアップに飽きる心配はありません。

■晁 向陽氏の口コミ評判をご紹介

東立商事の晁向陽氏がどのような人物なのか、ネット上で口コミを調べてみました。
しかし、本人の口コミは見つかりませんでした。

その一方、麗彩楼と上海飯店の口コミはたくさんあるので、
最後にお店の口コミから評判を見ていきましょう。  

口コミ1
いつも夕方の半額タイムの時ばかりの利用で申し訳ないッス 今日も美味しく頂きました~ またお邪魔します♪ https://tabelog.com/ibaraki/A0802/

A080202/8019789/dtlrvwlst/B286107713/

安いし美味しいという理由で何度も来店するリピーターは多くみられます。 麗彩楼も上海飯店も夕方あたりから半額でおかずを売り出しているため、その時間帯を狙って訪れる人も口コミではよく見かけます。 よりお得に購入されたい方は半額になる夕方以降を狙ってみると良いでしょう。    
口コミ2
相変わらず利用させていただいてます。 味に外れは、ほぼ無いですねー。 今は、弁当丸ごとではなくて、惣菜として買ってきて、自前の弁当箱にレンチンして詰めて持ってくって形で利用しています。 お弁当作りがすごく楽! https://tabelog.com/ibaraki/A0803/

A080302/8022262/dtlrvwlst/B426137015/

お弁当のおかず用として購入する人も多くみられます。
上記の口コミは麗彩楼のリピーターで、
今のところどれも味に外れがないと評価を示していました。

普段から手作りでお弁当を持ち歩いている人も、
たまには麗彩楼や上海飯店で買ったおかずを入れて
少し豪華にしてみるのも良さそうです。

口コミ3
さて、お店には色とりどりのお惣菜や弁当が並んでいて目移りしてしまいます。 惣菜の中には、豚足の醤油煮込みなどがあって珍しい感じが。 お弁当も種類豊富。油淋鶏のお弁当は、タレが別の容器に入っていて、食べる時にかけて食べるよう。 どんぶりとなっているものや、焼きそばなどの麺類もあります。 しばし考え、お菜は豚レバーの大蒜の芽炒めと菜の花炒めの中華組合せ弁当にしました。 大蒜の芽炒めは大好きなお菜なのですが、豚レバーに絡められているタレが美味しいっ♪ ご飯が進む味付けですね。菜の花炒めもヘルシーな感じが良いです。 https://tabelog.com/ibaraki/A0802/

A080202/8019789/dtlrvwlst/B322166877/

たくさんの種類に目移りする人は多いです。 中華料理は油っぽいイメージがありますが、野菜や脂身の少ないお肉を使ったメニューもあるので、ヘルシー志向な方にもピッタリなお弁当・お惣菜が見つかるでしょう。

今回は晁向陽氏の口コミについて調べてみました。
残念ながら本人の詳しい経歴や口コミは見つかりませんでしたが、
ボリューム満点の本格的な中華料理を食べられるお店として、
ネット上では色々な口コミが見つかっています。

量が多いので値段以上のお得感を感じる人もいれば、
見た目以上に美味しいと評価する人も多いです。

晁 向陽氏はたくさんの人々に美味しい中華料理を食べてもらいたい思いで、
手作りにこだわったメニューを提供しており、
それは多くの人から支持されていることが口コミから分かりました。

新店舗情報

麒麟飯店

カブセンター西青森店にオープン

麗彩楼

西武秋田店にオープン

食欲を刺激する色彩豊かな惣菜の数々がみなさんをお迎えします。

ランチでがっつり、ディナーのメインに。

一人でも、家族とでも。美味しい中華をお家でぜひ楽しんでみてください。