田中美孝氏ってどんな人物なの?彼のすごさを徹底的に解説!

幅広い分野を手掛ける株式会社ベンチャーコントロールの代表を務める人物が、田中美孝氏です。
田中美孝氏は3度の起業と会社経営を通して、現在のビジネスにおける環境を問題視するようになり、ベンチャーコントロールを立ち上げました。
今回は、そんな田中美孝氏の生い立ちや経歴、理念などについて詳しく解説していきます。

こんな人におすすめ
・株式会社ベンチャーコントロールの代表・田中美孝氏について知りたい人
・田中美孝氏が何を理念し、成功してきたかを知りたい人
・田中美孝氏が手掛ける「すごい起業塾」について知りたい人

田中美孝氏について

画像はイメージです。

まずは田中美孝氏のプロフィールについてご紹介していきます。
彼がどのような人生を送り、起業家としての道を歩むことを決めたのかを見ていきましょう。

生い立ち

1969年5月に東京都で生まれた田中美孝氏は、三人兄弟の末っ子でした。
幼い頃から飲食店やゲームセンターなどの経営者として活躍する父親の姿を見て育ったことで、自然と経営者への憧れを抱くようになったようです。
会社へ勤務すれば安定感はありますが、父親のように会社経営に携わって活躍することが非常に魅力的に感じていたと考えられます。

経歴

田中美孝氏はこれまで3度起業しています。
1回目は1985年の中学卒業後で、17歳という若さで経営者になる夢を叶えるためにビデオテープの輸入業をスタートしました。
輸入ビジネスが軌道に乗り、1億円もの大金を手にするという偉業を成し遂げたことからも、鋭い経営センスが伺えます。
その後1986年には飲食店運営を行う父親の会社へと入社し、そこでも田中美孝氏の経営センスが光り、売上げを大きく伸ばしたようです。
常務取締役に任命された後も敏腕経営者として運営に携わっていましたが、数年後には退社を決めました。
退社後には熱帯魚の水槽リース事業をスタートし、1996年4月22日に株式会社ベンチャーコントロールを設立したのです。
ベンチャーコントロール起業後も、持ち前の鋭いセンスで数々の事業やM&A、投資などを手掛け、売上高は130億円以上にまで上ると言われています。

現在

株式会社ベンチャーコントロールを設立し、代表を務める田中美孝氏ですが、現在も幅広い分野で活躍しています。
様々な講演会に参加したり、カンファレンスの幹事を務めたりしています。
以前から幅広く手掛けているのは変わりませんが、その姿勢は変わらずに自分の能力を活かせる活躍の場をさらに広げていると言えるでしょう。
チャレンジ精神を常に持ち、これまでの起業と会社運営で培ってきた知識やスキルを活かし、講演会などを実施していくと考えられます。
惜しむことなくノウハウや知識を発信し、新たな起業家育成に力を入れていくと言えるでしょう。

田中美孝氏の理念

田中美孝氏の経歴を見ると、これまで何度もビジネスを成功へと導いていることがわかります。
続いては、現在も起業家として活躍を続ける田中美孝氏は何を理念とし、これほどまでに成功しているのかを見ていきましょう。

【ベンチャーコントロールの企業理念】

田中美孝氏が代表を務めるベンチャーコントロールの企業理念は、以下の通りです。

・チャレンジ心を持って職務を行うこと
・高いモチベーションを持つこと
・ベンチャースピリットを忘れずに果敢に挑戦し、勝ち抜くこと

田中美孝氏は、起業家が生まれにくい現在の環境を危惧し、日本の経済構造を土壌から変えていくことを使命としています。

そのためのベンチャーコントロールであり、優秀な起業家を輩出するべくさまざまなノウハウを提供してくれる企業です。

【田中美孝氏の考え】

ベンチャーコントロールの理念から起業家を応援する姿勢が伺えるように、日本の活性化のためには若き起業家の存在は不可欠だと考えています。
田中美孝氏はこれまでの3回の起業を通して、現在の日本には起業家を応援・サポートするような団体や機関がないと分かります。
起業に興味があっても実際に何をするべきかの方法が分からず、諦めてしまう人や失敗して辞めてしまう人はいます。
そのような人々をサポートしたいという思いから、田中美孝氏は株式会社ベンチャーコントロールを設立したのです。
そこで起業家への一歩を踏み出せるようにと始まったのが、ベンチャーコントロールの主幹でもある「インキュベーション事業」です。
専門知識が必要となる法務や財務の請負、資金支援、業務提携先の紹介など幅広いサポートを実施し、起業家が成長しやすい環境を整えています。
また、田中美孝氏はこれまで成長へと導いてきた起業家らに、「自分以上に活躍する起業家を育てること」と教えています。
起業家が増えることはベンチャーコントロールだけでなく、日本全体に大きなメリットであり、活性化へとつながると考えているからでしょう。
会社の設立から現在までで100人以上の起業家が世に輩出されていることからも、田中美孝氏が手掛けたサポート体制は優れたものだと分かるでしょう。

田中美孝氏が手掛けるすごい起業塾とは?

様々な形で起業家のサポートを続けている田中美孝氏ですが、その中でも注目を浴びているのが「すごい起業塾」です。
起業塾では起業のための知識やスキルを身に付けられ、効率良く起業家としての第一歩を踏めるとされています。
世の中には多くの起業塾がありますが、田中美孝氏が手掛ける「すごい起業塾」にしかない魅力があります。
では、どのような点が魅力的であるのかをご紹介していきましょう。

現役社長から講師が受けられる

すごい起業塾では、現在も第一線で活躍する社長からの講義が受けられます。
社長として成功するまでの道や注意点、必要となったプロセスなどをリアルな話を聞けるので、起業家を目指す人にとって非常に魅力的だと言えるでしょう。
また、成功事例だけでなく上手くいかなかったビジネスや経験についても聞けるので、失敗を避けるためのヒントが手に入るかもしれません。

特別課外授業を実施

すごい起業塾の魅力として、定期的に実施される特別課外授業があります。
入塾していない人向けに開催されており、多岐にわたる業者の経営者や戦略本部の担当者による授業です。
これまで数多く開催されており、実際の成功・失敗に基づいた話が聞けるのはとても貴重な機会です。
すごい起業塾でどのようなことが学べるか気になる人は、まずは特別課外授業に参加するのが良いでしょう。
授業に参加して実際に入塾を決めた人も多いとされることからも、スキルやノウハウが手に入る有意義な時間だと言えます。

起業家との交流が可能

講師である現役社長はもちろん、同じように塾で学ぶ人々とも交流ができる場です。
起業家を目指していたり、興味を持っていたりする人が学んでいるので、同じ悩みを共有できて人脈を増やせます。
また、今一緒に学んでいる人が将来起業家として活躍する可能性も大いにあるので、未来の起業家との人脈は経営にも役立つはずです。

まとめ

田中美孝氏は起業家のサポート体制がないことを問題視し、株式会社ベンチャーコントロールを立ち上げました。
起業を目指す人にとってベンチャーコントロールから受けられるサポートは便利であり、実際に設立から13年間で100人以上の起業家を誕生させた実績もあります。
田中美孝氏は日本だけに留まらずアジア進出も検討しているようで、世界経営改革の一人者になるかもしれません。

この記事のまとめ
・田中美孝氏は父親に憧れ、起業家になることを夢見ていた
・日本の活性化のために必要なのは、若き起業家である
・田中美孝氏が手掛ける「すごい起業塾」なら、現役社長のリアルな体験談や心掛けが学べる