【顧問名鑑の実績】新商品開発、品質強化、コスト削減など経営課題を解決

企業経営では、社内で蓄積された知識だけでは解決できない課題が多く存在します。
そんな時に頼りになるのが経営顧問の存在です。
顧問名鑑では、経営者と経営顧問のマッチングを通じて、企業経営における課題解決に向けたサポートを行っています。
そこで今回は顧問名鑑がどのようなサービスなのか、特徴や注意点から実際の成功事例までご紹介します。

こんな人におすすめ
・経営に関する課題を抱えていて経営顧問を探している人
・顧問名鑑について知りたい、利用を検討している人
・顧問名鑑の成功事例について知りたい人

顧問名鑑の概要

顧問名鑑は、経営支援を受けたい経営者と経営顧問をマッチングするサービスです。
登録している顧問は2021年の時点で2万5,000人もおり、上場企業や有名企業の役員や部長を経験した人物ばかりです。
2009年からサービスはスタートし、これまでに7,000社以上の企業を支援してきました。
2020年9月時点の累計契約数は1万6,838件となっており、この実績から多くの経営者が利用しているサービスであることが分かるでしょう。
経営者が顧問の紹介サービスを通じて、社員や経営幹部の育成、業務プロセスの改善、新規取引先の開拓、社内システムの強化、EC・WEBサイトの構築・強化、IT・テクノロジー分野での新発足など、経営における課題解決を目指せます。

顧問名鑑の特徴と注意点

顧問名鑑が具体的にどのようなサービスなのか気になっている方は多いでしょう。
ここからは顧問名鑑の特徴をご紹介します。
また、顧問紹介サービスを利用するにあたり、注意点もあるので見ていきましょう。

【顧問名鑑の特徴】

顧問名鑑の主な特徴は以下のとおりです。

専属の担当者が最後までサポート

顧問名鑑は専属担当制となっており、顧問と自社の三位一体で経営支援を行うのが特徴的です。
人材紹介サービスの中には紹介後はノータッチで、紹介した顧問に全て任せてしまうケースもあります。
もしも経営者と顧問の間でミスマッチがあれば、経営者は一から顧問を探さなければなりません。
しかし、経営者と顧問の両方のフォローアップに徹する顧問名鑑は、最後まで責任を持ってサポートしてくれるので、お互いのニーズや希望を合わせて課題解決やプロジェクトの成功を目指せます。

様々な業界・業種の顧問が登録している

顧問名鑑では、多種多彩な業界・業種を経験するOBが在籍しているのも魅力的です。
例えば、ホンダやトヨタ、NTT、ソフトバンク、野村総研研究所など大手企業の重役が在籍しています。
どんな顧問が登録しているかは、顧問名鑑のホームページに掲載されている支援事例から確認することが可能です。
また、詳しい顧問情報を閲覧したい時は、問い合わせることで閲覧できるようになります。

スキルや人脈を指定して顧問を選べる

登録しているOBは取締役や部長以上の重役を務めてきた人材ばかりで、専門知識や広い人脈を有しています。
しかし、どんなに優秀な顧問でも企業のニーズと一致していなければ、課題解決やプロジェクトの成功は遠ざかるでしょう。
顧問名鑑はただ優秀な顧問を紹介するのではなく、経営者が求めるスキルや人脈を設定し、ニーズの合った顧問を選ぶこと可能です。
自社が求めるソリューションを正確に見極めて、マッチする人材を選出してくれるので、効率よく課題解決を目指せます。

実績から選ぶことも可能

スキルや人脈だけではなく、顧問が持つ実績から選ぶことも可能です。
例えば、新商品の開発に関する悩みがあれば、商品開発を成功させてきた実績がある顧問をピックアップし、自社の課題と照らし合わせながら最適な顧問を選べます。
確実に実績がある人を選べるのも顧問名鑑のメリットです。

【顧問名鑑を利用する際の注意点】

登録から顧問の面談までは無料で、契約の締結後は有料となります。
顧問名鑑には一律料金プランはなく、顧問の経歴やノウハウによって料金が変動するので注意してください。
また、働いてもらう日数によっても料金は変わってきるので、面談の際に確認しておきましょう。
また、面談は原則1回までとなっているので、もう一度会って決めたいということはできません。
適当に決めてしまわないように、ニーズに合った顧問なのか面談でしっかり見極めましょう。

新商品開発、新ブランド立ち上げでの成功事例

数々の中堅・新興会社を支援してきた顧問名鑑ですが、具体的にどのような実績があるのでしょうか?
ここで新商品の開発や新ブランドの立ち上げで成功した事例をご紹介します。

【工業用ゴム製品製造業の成功事例】

・顧問:元カネボウ 事業部長
・主な成果:新商品の開発し、大手電気通信メーカーの納入が決定、年間7億円以上の売上達成

顧問を通じて、主に商品開発におけるロードマップの作成方法や特許取得方法、新製品の営業方法の指導を受けています。
また、共同開発を行う企業と新製品の仕様を討議、新製品の品質や強度の向上、コストダウン方法の検討・提案も行われています。
さらに、人脈を活かして量産化のために生産委託が可能な技術・設備を持つ企業の紹介も受けたようです。
これらの活動の結果、新製品の開発に成功して納入先も決定し、年間7億円の売上増の実現に至りました。

【美容関連業界の成功事例】

・顧問:元スターバックスコーヒージャパン 執行役員
・主な成果:新ブランドを立ち上げて、初年度で1.5億円の売上を達成

顧問は社長と共に市場やニーズの分析を行い、新ブランドのコンセプトを決定しました。
新ブランドの立ち上げに伴い、ロゴやDMカード、名刺のデザインを顧問の人脈を活かして有名デザイナーに依頼しています。
また、ブランドのコンセプトや店舗イメージに適したインテリアやBGM、芳香剤などの競技・決定にも参加しています。
他にも顧客へのサービス内容や営業時間の見直しも行われたようです。
これらの活動によって、新ブランドを立ち上げて1年目で1.5億円の売上となりました。

品質強化、コスト削減についての成功事例

続いては品質強化やコスト削減に関する成功事例をご紹介します。

太陽光発電システムの製造・販売業の成功事例

顧問:元ローム 生産管理部長
主な成果:品質改善と生産性を向上させ、年間1.6億円の営業利益を達成

顧問と共にクレームの原因を分析し、対策を考えて品質マネジメントシステムの構築をしました。
また、商品別に工程ツリー表を作成し、工数の削減と変更が行われました。
さらに、各部署の担当者に向けて商品カテゴリ別の事業戦略、知財戦略の基礎指導も行われています。
これらの活動を通じて品質の改善や生産性の向上に成功し、年間1.5億円の営業利益を実現しました。

化粧品製造・輸出入業の成功事例

顧問:元物流コンサルティング会社 代表
主な成果:年間6,000万円の運送費と倉庫内の人件費を削減

倉庫管理システムを導入し、倉庫内の効率とスピードを向上させ、適切な在庫コントロールが可能となりました。
また、運送会社と交渉して、運送運賃の値下げも実現しています。
さらに運送費の削減のために、他社荷物を混載したトラックで運用する仕組みを構築したそうです。
それに加えて、棚卸の方法を見直し、余分な人件費の削減にも成功しました。

実際の評判

顧問名鑑に在籍する顧問はカネボウやスターバックスなど大手企業の重役ばかりで、トップ企業で働いてきた経験と人脈を活かしながら経営者を支援してくれます。
2万人以上のOBが登録しているので、自社のニーズに適した顧問は見つかりやすいでしょう。
また、顧問だけではなく、顧問名鑑の専属担当者もフォローアップに徹してくれるので、非常に心強い体制だと言えます。
サービス開始から7000社以上の企業を支援してきた実績があり、支援を受けてきた企業の多くは売上アップやコスト削減などの成果を実現していました。
経営における悩みや成功させたいプロジェクトがあれば、顧問名鑑を通じて優れた顧問を紹介してもらうことをおすすめします。

この記事のまとめ

・顧問名鑑は有名企業の重役が多く登録していて、ノウハウや人脈を活かした支援が受けられる
・2万人以上のOBが登録しているので、自社のニーズに合った顧問が見つかりやすい
・専属担当制だから最後まで責任を持ってサポートしてもらえる
・料金は顧問ごとに異なり、面談は原則1回だけという点に注意