日本端子株式会社が求める人材とは?採用情報や社員インタビューを紹介!

日本端子株式会社をご存知でしょうか?様々な機器に搭載されるコネクタや端子を製造・販売している企業です。
今回はグローバルな活躍を見せる日本端子の採用情報について、詳しくご紹介したいと思います。現在就活中の方はぜひ参考にしてください。

日本端子の会社概要

まずは日本端子の会社概要です。

会社名
日本端子株式会社
本社所在地
〒254-0811 神奈川県平塚市八重咲町26-7
設立
1960年8月23日
資本金
1億円
事業内容
連鎖端子の製造販売
コネクタの製造販売
電線端末処理機械・工具の製造販売
代表者
代表取締役社長 河野 二郎
従業員
441名(2022年1月1日現在)

1960年に設立され、60年以上の歴史を持ちます。その間に拠点の数を増やし、海外事業も展開し中国に関連会社を立ち上げています。
自動車や家庭で利用される機械のほか、インフラやアミューズメントといった様々な舞台で活躍する機械を支えています。

選択

コネクタについて

コネクタとは、電気、電子回路において、電線や電気機器などを接続するために用いられる製品のことです。
電線をはんだ付けや圧着などで直接接続した場合、取り外すときにはケーブル切断などが必要になり再接続は困難です。しかし、コネクタを使用した場合は、手または簡易的な工具を用いて容易に繰り返し脱着することが可能となります。
コネクタはその優れた利便性により、電気を使用する機器類には必ず使用されています。

その種類は

  1. 電線と電線を接続するもの
  2. 電線と回路基板を接続するもの
  3. 電線と電気部品を接続するもの
  4. 回路基板と回路基板を接続するもの

の4つに大きく分類することができます。
これらのコネクタはいずれも品質が重要であり、適切な製品設計と品質管理が行われていない製品では正しく機能しないばかりでなく、発熱や火災といった事故につながる危険性もあります。

供給しているコネクタは自動車産業を中心に、家電、インフラ、アミューズメントと幅広い分野で採用されており、機器間、部品間の電気信号を接続するために非常に重要な役割を担っています。

採用メッセージ

日本端子株式会社の代表取締役社長、河野二郎氏のメッセージです。

日本端子の製品は、1960年の創業時からあらゆる分野のエレクトロニクス機器に搭載され、多くのお客様から高い信頼をいただいてきました。特に、人命に関わり厳しい品質水準が求められる自動車用接続部品を世に送り出してきた歴史は長く、車載品は今も日本端子の中心分野となっています。

日本端子は、製品設計から生産までコネクタの全工程を手がけ、企画などスタッフ部門も含め多種多様な部門によって構成されています。そしてこれら部門をまたぐ社員同士の情報共有や相互貢献を重視し、良い「連携」のもとチームプレーが展開されています。
一方、将来の会社像について若手社員もブレーンストーミングする機会を設けるなど、それぞれの「独自視点や発想」も会社の成長のために積極的に活かしていきたいと思っています。創造力豊かな発想をもって新しい価値(製品やサービス)を生み、皆で協力してその価値を世に送り出します。

皆さんと歩むこれからの未来は、従来のメーカ枠にとどまらず、あらゆる分野とつながってソリューションを生み出していく時代です。私たちは、誠実にそして高い行動力をもって、幅広いネットワークとつながりながら前進します。皆さんも、大きな成長と変化を共に築き上げ、体感しましょう。

引用元:https://www.nippon-tanshi.com/recruit/top_message/

日本だけにとどまらず世界で活躍する日本端子を率いる河野氏の、会社とともに成長していく強い思いが感じられます。
チームで協力しながら幅広く活躍したい人にぴったりの職場ではないでしょうか。

社員インタビュー紹介

日本端子の採用情報ページから、実際に働いている社員のインタビューを抜粋して紹介します。

情報システム社員

・入社を決めた理由は?
私は以前、外資系企業の社内SEとして働いていました。システム設計から導入まで、仕事にやりがいは感じていましたが、本社で選定したシステムの導入がメインのため、DX化を視野に入れた企画に一から関わるポジションに取り組んでみたいと考えていました。そんな時に出会ったのが日本端子です。今後変革を志向する会社に社内SEとして貢献できることがある、やりたいことをカタチにすることができると感じました。面談時に感じた意見を言いやすいフランクな雰囲気や、温かさが感じられる社員の方々に惹かれたことも入社を決めた大きな理由です。

・仕事のやりがいは?
新ERPがどのようなものであるべきか、プロジェクト発足時に意見を発言できる機会がありました。中途採用で社歴も浅い私でしたが、クラウドの導入やwithコロナの時代に合わせたリモート機能などを盛り込んだ意見が認められ、新ERPはその時のコンセプトで企画・設計が進んでいます。「やってみたい」「挑戦したい」ことができることほど、社内SEにとって大きなやりがいはありません。経歴に関係なく、意見を受け止めてくれる、そして任せてくれる会社のスタンスがありがたいですね。そこには面談で感じたとおり、「人」を大切にする社風があるのだと思います。

引用元:https://www.nippon-tanshi.com/recruit/interview/h_k/

総務社員

・入社を決めた理由は?
もともと私は、同じ会社で長く働き続けたいという希望を持って、就職活動を行っていました。企業研究を進めていくなかで、日本端子は将来のワークライフバランスをイメージすることが出来たことが入社の大きな理由です。結婚、出産という変化点を経てからも活躍している女性社員がたくさんいると聞き、働きやすい環境が整っていると感じたこと。また、社員の労働時間などもしっかり管理されていると聞き、労働環境のよい会社、そのような印象を持ったことがポイントでした。

・会社の雰囲気は?
一言で表せば、先輩方がすごく優しいです。入社して間もない頃、業務に苦戦している私に、根気強く「次はここを注意しましょう」とその都度嫌な顔をせず、丁寧に説明してくださる、当時はそんな雰囲気に救われました。社会人としての適切な振る舞いが身について無い時期にも、私の心情を察しながら、教えてくださったことにも感謝しています。また、朝礼やミーティングなど情報共有が行われており、申請・手続きのフロー見直しや改善といった業務効率化のための意見交換も盛んで、気づきがあれば誰でも遠慮なく意見を発信できる環境があります。

引用元:https://www.nippon-tanshi.com/recruit/interview/h_k/

今回ご紹介したインタビュー内容だけでも、社内の雰囲気がよくやりがいのある仕事ができることが分かります。
どんなに大変な仕事でも、人間関係が良好であれば続けられるでしょう。それを体現しているのが日本端子の特徴だと思います。
社員同士、切磋琢磨しながら成長していけるのではないでしょうか。

採用ページではほかにも様々な社員のインタビューを掲載しています。ぜひチェックしてください。

採用情報

日本端子の最新の採用情報です。

新卒採用(2022年12月時点)

採用情報
募集予定者
2023年学部卒業見込み専攻
技術系:理工学系各学科
文科系:学科不問採用人数
技術系:4名
文科系:4名応募方法
学校経由または自由応募募集職種
製品設計、生産技術、金型設計、 国内・海外営業、事務管理提出書類
履歴書(写真貼付)、卒業見込証明書、成績証明書、健康診断書初任給
技術系:207,950円
文科系:205,950円諸手当
通勤費、家族・時間外・役職手当など昇給
年1回賞与
年2回(7月、12月)

勤務時間
8:30~17:20 (花泉 8:00~17:00)

勤務地
本社及び国内外拠点

休日休暇
週休2日制 夏期休暇他 121日(2022年度)

福利厚生
各種社会保険完備、財形貯蓄、企業年金制度、通信教育制度、社内表彰制度、永年勤続表彰、独身寮(本社地区のみ)、その他

 

キャリア採用は随時募集しているようです。詳しくは公式サイトの採用情報ページをご確認ください。

握手

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は日本端子株式会社の採用情報を中心にご紹介しました。
日本国内だけでなく、世界で活躍する日本端子は、様々な機械を端子やコネクタといった部品で支えています。

河野社長が重視しているのは「良い連携のチームプレー」です。また、若手社員を育てて会社とともに人も成長させていくことを目標としています。人と会社が同時に成長していくことで、さらに良い製品・新しい価値を生み出していけるでしょう。

社員インタビューでは社内の雰囲気の良さ、仕事のやりがいなどがわかりました。安定して長く働きたい人や、自分の力を試したい人にぴったりの職場だと思います。
興味があればぜひ採用情報ページを見て、日本端子について理解を深めてください。